トラネキサム酸は市販されてる? 市販薬との相性は?

トラネキサム酸は市販されている?併用NGの市販薬はある?

トラネキサム酸配合の市販薬はありますが、トラネキサム酸そのものは市販薬として販売されていないされていない医薬品なので、ドラッグストアなどでは購入できません。ここからは、トラネキサム酸の入手方法をご紹介します。

 

トラネキサム酸が市販薬として出回らない理由は法律がかかわっている?

トラネキサム酸は薬局やドラッグストアで購入することはできない医薬品です。このような医薬品には、法律によってきびしい規制がもうけられているため、市販薬として販売ができないのです。もし、売っているのを発見したとしても、安易に購入するのは危険です。なぜなら、法律違反をして販売していると考えられるからです。また、販売されているものがトラネキサム酸の偽物である可能性もあります。たとえ本物であっても、違法取引に加担したとみなされるリスクもあります。いずれにせよ、信頼できない店舗であるのは間違いないため、利用しないほうがよいでしょう。

 

トラネキサム酸をあつかうには、都道府県知事から認可をうける必要があります。認可をうけた業者がトラネキサム酸を販売する先も、医療関係者のみとなります。このように販売ルートが制限されているため、薬局やドラッグストアがトラネキサム酸を市販薬として取りあつかうことはできないのです。
基本的にトラネキサム酸を入手するためには、医師の処方せんが必要となります。つまり、病院にいくことがいちばんの近道だといえます。このような医療機関であれば、偽物を処方されることはありません。また、症状にあわせてほかの医薬品を処方してもらえたり、最適な治療をうけられます。

 

しかし、だれもが気軽に病院にいけるわけではありません。病院によっては半日待たされることもあったりと、まとまった時間が必要だからです。しかし、仕事や育児が忙しく時間がないという人にとっては、ハードルが高いといえます。もしも、必要なのがトラネキサム酸だけなら、病院に行く交通費や診察費を毎回支払うことに不満を感じることもあるでしょう。こういった費用をけずり、手軽にトラネキサム酸を入手する方法があるとしたらどうでしょう。

 

輸入代行を利用すればトラネキサム酸を格安で入手可能

トラネキサム酸のように市販されていない医薬品は病院でしか入手できないと思われがちですが、じつは格安で入手する方法があるのです。それは個人輸入代行を利用する方法です。ネット通販が主流となっている現在、利用者はじわじわと増加しているのです。

 

海外で市販薬として販売されている医薬品でも、日本では処方せん薬であるため市販できないケースもあります。個人輸入代行を利用すれば、そういった医薬品をかんたんに入手できるのです。つまり、トラネキサム酸を手軽に入手したいなら、個人輸入代行を使えばよいでしょう。
トラネキサム酸がなくなると病院に行かなければならず、めんどうだと感じていた人も多いでしょう。しかし、個人輸入代行を利用することで、そんなわずらわしさから解放されるのです。交通費や診察費もかからないため、経済的にもメリットがあります。むずかしい手続きも必要なく手軽に購入できるため、いそがしくて時間がない人こそ利用することをおすすめします。

 

しかし、個人輸入代行を利用したことのない人にとっては、業者選びから迷ってしまうかもしれません。そこで、トラネキサム酸をお得に購入できる業者ランキングを紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

 

※以下はトラネキサム酸ジェネリック500mg(1錠あたり)の最安値となります。

オオサカ堂 JISA FinePlus
33円(最安値!) 34円 37円

 

なかでもいちばん価格が安いのがオオサカ堂です。最安値ということから大量購入しやすくなりますが、初回は1箱だけの購入にとどめておきましょう。医薬品の効き目には個人差があるため、大量購入したあとで体に合わないことがわかった場合、無駄になってしまうからです。まずは1箱だけお試しで購入することをおすすめします。

 

トラネキサム酸配合薬なら市販できる?

実は純粋なトラネキサム酸は売っていませんが、トラネキサム酸配合薬なら市販されています。下記をご覧ください。

 

トランシーノⅡ
 
価格 容量
6,300円(トラネキサム酸500mgあたり70円) トラネキサム酸187.5mg 配合 240錠

 

ぺラックT錠
 
価格 容量
2,376円(トラネキサム酸500mgあたり300円) トラネキサム酸125mg 配合 36錠

 

ベンザブロックS
 
価格 容量
1,780円(トラネキサム酸500mgあたり420円) トラネキサム酸70mg 配合 30錠

トランシーノⅡは美容目的の薬品、ぺラックT錠は咳止め、ベンザブロックSは風邪薬です。

 

市販薬のこれらでトラネキサム酸を摂取するのもできなくはないのですが、ネックになってくるのは価格です。前述の様に個人輸入代行であれば500mg辺り33円で摂取できるのに対して、市販品ですと70円~420円とかなりの高額になってしまいます。

 

また、トランシーノⅡ以外は美容目的の薬品ではない為に、必要のない成分も多く含まれているのも悩ましいところです。

 

トラネキサム酸と市販薬との併用は問題ない?併用の注意点とは?

トラネキサム酸は個人輸入代行を利用すればで手軽に安く購入できます。ですが、手軽に入手できるからこそ、医薬品の併用による問題点について知っておくべきでしょう。
一般的に病院で処方される医薬品では、併用や飲み合わせについて問題がないかどうか医師が判断してくれます。また、ほかの病院から処方された医薬品を服用中であっても、それを医師に伝えておけば処方せんを作成する際に配慮してくれるはずです。しかし、個人輸入代行で入手した医薬品の場合、併用や飲み合わせについて自分自身で判断するしかありません。医薬品にはたくさんの種類があり、作用によっては飲み合わせが悪いものもあります。そこで、ここからは広く普及している医薬品を中心に、トラネキサム酸との相性を見てみましょう。

 

NSAIDs(解熱鎮痛剤)との相性


NSAIDsは「ロキソニン」や「ボルタレン」などの名前で販売されている解熱鎮痛剤です。服用が長期にわたりで胃粘膜がダメージをうけ、胃炎になるというリスクがあります。深刻なケースになると胃潰瘍になることもあります。

 

なお、トラネキサム酸には発生率が低いとはいえ副作用があり、吐き気や食欲不振などがおこることがあります。

 

トラネキサム酸だけを服用しているなら、たとえ副作用がでたとしても症状は軽く、心配する必要はありません。ただし、NSAIDsの副作用によって重い逆流性食道炎や胃潰瘍の症状がでているなら、医薬品の併用は大問題です。たとえトラネキサム酸の副作用が軽い吐き気だけだったとしても、NSAIDsの副作用がある状態では、症状が深刻化する危険性があるからです。

 

そのため、NSAIDsの副作用として胃炎など深刻な症状がでている場合、トラネキサム酸との併用は避けなければなりません。

 

NSAIDsのなかでも、胃への負担が軽いといわれるのが「セレコックス」です。セレコックスは市販薬ではありませんが、胃が弱い体質なら、切り替えてみるのもひとつの手でしょう。

 

胃腸薬との相性

 

胃腸薬とひとことでいっても目的はさまざまです。

 

  • 胃の働きを助ける(健胃消化薬・健胃薬
  • 胃酸分泌を抑制する(H2ブロッカー)
  • 胃酸そのものを中和する
  • 胃粘膜を保護する
  • 胃の筋肉のけいれんによる痛みを緩和する
  • 消化酵素を含みで消化を助ける
  • 上記さまざまな症状に対応できる総合胃腸薬

 

医薬品の飲み合わせが悪いとされる原因は、それぞれの作用が似ていたり、作用する仕組みがおなじであることがあげられます。また、睡眠薬やカフェインのように、お互いの作用を打ち消すといったケースも当てはまります。そういった点から考えると、胃腸薬とトラネキサム酸には、似ている作用も打ち消し合う作用もないといえるでしょう。

 

それどころか、胃腸薬にはトラネキサム酸による副作用を緩和します。ですから、むしろ相性がよいともいえるのです。

 

もしも、トラネキサム酸の副作用で食欲不振や吐き気といった症状がでたなら、

 

食欲不振 … 胃の働きを助ける(健胃消化薬・健胃薬)
吐き気 … さまざまな症状に対応できる総合胃腸薬

 

のように症状に合わせた胃腸薬を服用しましょう。

 

結論からいうと、トラネキサム酸と胃腸薬を併用しても問題はないです。むしろトラネキサム酸による副作用を改善する効果もあるともいえるでしょう。

 

花粉症薬や風邪薬との相性


花粉症薬や風邪薬には以下のような症状を改善します。

 

くしゃみを抑える作用
せきを抑える作用
鼻水を抑える作用
熱を下げる作用
など

 

これらは代表的な風邪の諸症状ですが、いずれの作用もトラネキサム酸とは異なります。つまり、作用が重なりも、打ち消しもしないのです。くり返しになりますが、お互いの作用に影響しない医薬品同士であれば、併用は問題ないのです。

 

トラネキサム酸と花粉症薬・風邪薬は併用しても、お互いの作用を強めたり弱めたりはしません。ですから、併用しても問題ない組み合わせだといえます。

 

トラネキサム酸がどんな薬か詳細に説明

  1. アミノ酸の一種。
  2. 止血剤として開発された。
  3. うまく取り入れれば美肌・美容に効果。
  4. 副作用は血栓ができやすくなる。

 

トラネキサム酸はたんぱく質を構成する成分である必須アミノ酸のリシンを元に人工合成された、抗プラスミン作用に働きかける薬用アミノ酸です。もともとは止血をするために開発された成分で、安全性も高く各種の出血に広く用いられています。また、湿疹やじんましん薬で使われています。

 

このトラネキサム酸はシミの原因であるメラニンの働きをブロックする。そのため、トラネキサム酸により、シミを事前に予防できます。特に目の下の頬にできる肝斑に効果があるとされています。また、美白効果も高く、今では様々な美白用品にトラネキサム酸が含まれています。

 

一方で、もともと止血剤として使用されていたため、副作用として血が固まりやすく、血栓ができやすくなります。そのため、脳梗塞や心筋梗塞血栓性静脈などの病気を引き起こします。もともと持病のある人や腎不全の人は医師に相談してから服用しましょう。また、高齢者の方の服用や長期にわたる服用なども避けるべきです。"

 
http://www.ytjcwq.com/ http://www.red-dog-poker-x.com/ http://passtore.net/ http://gorsellestirmehizmetleri.com/